キシラデコールならウッドデッキの塗装メンテナンスもワンランク上の仕上がり

ついたり、ムラができたりしてしまうこともあります。

憧れのウッドデッキを楽しむためにも、日頃からのメンテナンスが必要です。
ウッドデッキを長持ちさせるために、行いたいのが定期的な塗装ですよね。

日差しの強さや雨が直接当たると、いった条件で変わってきますが、おおよそ3~5年に塗装することで、木材の寿命を延ばし、きれいに維持することができます。

そんなウッドデッキの 塗装で、 選ぶ塗料によっては、色合いがばら今回紹介するキシラデコールは、 浸透性タイプで 塗り替えの場合でもゴミやホコリを落とすだけで簡単に、上塗りができる塗料です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キシラデコール 各色 4L【大阪ガスケミカル株式会社】
価格:6966円(税込、送料別) (2017/10/16時点)

キシラデコールの特徴

浸透性の塗料で木のぬくもりが感じられる

キシラデコールは、塗装したとき木材に塗料の塗膜をつくらず、木質が自然に残る
木のぬくもりを感じられる仕上がりになります。
塗料の膜ができないので塗装が表面がひび割れてはがれてくるといった、こともないです。

すぐれた撥水性

キシラデコールは、木材の深くまで成分が浸透することで、はっ水します。
もちろん、日差しや紫外線からも木材を保護するので、木製の雨戸や軒なんかも塗装
するこで、保護できます。

作業性の良さ、上塗りも簡単

木材に塗料の膜ができる造膜タイプで塗装すると、年数がたって劣化してくるとワレやハガレがおこります。
そして、メンテナンスで上塗りするとなると、劣化した塗装面をきれいに剥がしてから塗ることになります。
それだけの作業でも一苦労ですよね。
でも、キシラデコールは、浸透性で塗装の膜ができないので表面の簡単な清掃ぐらいで上塗り
することができます。

経済的

キシラデコールは、ホームセンターに売れている他の塗料に比べると、少し割高ですよね
でも、上塗りのしやすさ一度塗った後、木材の保護性を考えたら、メンテナンスの回数も
少なくなり木材そのものを、痛みや腐食なく保護できれば、結果的に経済的です。

木材保護塗料のキシラデコール、DIYからプロまで使用されています。

実際の購入者の口コミ評判をご紹介します。

木材保護塗料の代表格

キシラデコールは長年愛用しています。自作の木製のフェンスの保護として塗装しました。
カラーはオリーブを使っていますが、自然な木目も気にいっています。

価格は高いが満足

ウッドデッキに以前は、他の保護塗料を使っていました。しかし風化し劣化するとワレなどが気になっていました。そこで調べてみると浸透性タイプの塗料がいいと知りキシラデコールを、塗ってみました。今のところワレなどもおこらないで満足しています。
価格は高いですが、よくのびて塗りやすいので使用する量も少なくすむように感じます。

広い範囲をぬるなら

ウッドデッキのようなところを塗るなら塗りやすさからも、キシラデコールが良いです。塗料の性能も高いし、選べるカラーが多いところもいいですね。

作業がしやすい

素人でも失敗なく塗れます。ウッドデッキの色塗りは数年に一度でも大変、でもキシラデコールなら塗りやすく満足な仕上がりにできます。ただニオイはそれなりのあるので換気は十分に必要。

ずっとつかってます。

家の木目部分に10年以上使用しています。使いやすいし塗ってからの色持ちもいいとおもいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キシラデコール 各色 4L【大阪ガスケミカル株式会社】
価格:6966円(税込、送料別) (2017/10/16時点)

さいごに

木材の保護塗料として人気のキシラデコール、はっ水力、保護性も高いので
メンテナンスの回数も少なく済むはずです。
ウッドデッキのような広い範囲を塗るのにも、のびがいいので作業性も良く塗ることが可能
です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする