多肉植物なら多彩な色や形からお好みの一鉢がみつかりますよ。

お部屋で何か植物を育てたい、鑑賞用や緑の癒しがほしい。
でも、鑑賞植物だとそれなりに、置くスペースがいるし

  • 水やりちゃんとできるかなあ、、、
  • 植え替えとか得意じゃないけど、、

なんて思うなら植物育てるのやめるか、なんてお考えなら
多肉植物がおすすめです。

多肉植物は葉に水分を蓄えていて、温度変化や水の少ない環境でも生き延びることの
できる植物なので、

  • 乾燥に強い
  • 必要以上に水をやらなくてもいい
  • 鉢の土も多くなくても育つので植え替えも楽ちん

多肉植物の代表、サボテンのように水の少ない厳しい環境でも育つのです。
サボテンもそうですが、多肉植物には花が咲く種類もあるんですよ。

多肉植物は、たくさんの種類があります。

身近なところなら、アロエやベコニアも多肉植物です。その他にも色んなカラーや
形のものがあるので、お好みの多肉植物を見つけることができます。

葉の色は緑はもちろん、白や黒、シルバー系、紅葉する種類もあるので、寄せ植えも楽しめます。

そんな多肉植物のおすすめをご紹介します。

【センペルビウム ペキニーズ】

バラのように広がった葉が特徴です。ヨーロッパの山岳地帯に多く分布していて、
寒さにも強い種類です。
山岳のような岩山や崖に張り付くように、育っているので寒さにも強いんですね。

【センぺルビウム ノワール】

葉が赤みを帯びたのが特徴です。

【コノフィツム 群碧玉】

鉱物の碧玉に、見た目がにていることからこの名前がついています。
なんとも可愛らしい形で、そら豆にも見えなくないですね。
脱皮するように分裂して増えていくのが特徴で、紫色の花も咲かせます。

【チョコチップ アエオニウム】

このアエオニウムは、小型で株立ちします。
紅葉期には、葉に斑が入って茶色に色付くところがチョコチップの
ようなのです。

【淡雪 グラプトペタルム】

葉に白い粉を帯びていて、淡いピンク色が特徴的な品種です。

【三日月ネックレス】

ツタ植物のようにどんどん伸びてくる姿がネックレスのような多肉植物です。
垂らすように植えて、他の植物との寄せ植えにも使えます。
春には、花も咲き20~30㎝になります。

【ビアポップ】

ブドウみたいに房になってプクプクしたところが特徴です。日当たりのよいところを、好み育てやすいです。
冬には黄色く色づきまた違った色合いが楽しめます。

さいごに

お部屋で何か植物を育てたいとお考えなら、多肉植物は種類も豊富で、育てやすくておすすめです。
花が咲いたり、葉の色が変わる種類もあるので、お好みの一鉢が見つかるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする